« スクフォニの東名阪ツアー1発目 | トップページ | Tons of Rock その2 »

2016/06/28

Tons of Rock その1

ども。LEOです。

ノルウェーより昨日の深夜帰国しました。時差ボケなのか、頭がフラフラでちょっと調子が悪いですdown

でも、ヴァッケンのときには挫折したフェスレポ・・・というか記憶の振り返りをしようと思いますconfident

--

初日は深夜0:30発の飛行機に乗るために、羽田に集合。まぁこれはいつもの通りです。

今回はカタール航空にてドーハ経由でノルウェーを目指します(ヴァッケンのときはエミレーツ航空のドバイ経由でした)。

ノルウェーは物価が高いというのは知っていたので、そこそこ大金をクローネにあらかじめ換金。その後出発。

ドーハまでは16時間くらいでしたでしょうか。確かシートモニターに最初そう出ていた記憶がありますairplane

長時間のフライトは、はっきり言てやることがありません。読書するために小説を2冊持っていったのですが、あまり読む気になれず、映画を観ることに。

行きに観たのは『フィフス・ウェイブ』 、『The Other Side of the Door』、『orange-オレンジ-』。

『フィフス・ウェイブ』は名前は知っていて、超人気のクロエたんが出ているということで観たのですが、まさかの日本字幕なしgawk 仕方なく英語字幕が出せたので、ヒアリングとリーディングをフル回転して観ました。

映画は・・・正直B級SFです。ハリウッドにありがちな、ある日突然異星人に地球が襲われて壊滅する的な。設定からオチから何もかもツッコミどころ満載すぎて逆に楽しめましたsmile


英語字幕での鑑賞に慣れたので、続いて『The Other Side of the Door』(見本未公開)を、ホラーっぽかったので観てみました。

内容は・・・正直『ペット・セメタリー』の劣化版というところでしょうか。『ペット・セメタリー』ほどグロくなく、切なくないといったところ。でもオチは好きでした。日本未公開なので、なかなか閲覧機会はないかもですが、どこかで観ることができたら、ホラー・サスペンスが好きな方にはオススメですdelicious

最後に『orange-オレンジ-』を。

これはマンガ原作の邦画です。原作がすごい好きで劇場実写化した際も観に行きたかったのですが、なかなか観に行けず、そのまま観ていなかった作品でした。

原作に忠実だったので、ファンとしては満足happy02 映画用の青春演出がくどいなぁと個人的に感じましたが、その他は実写化成功だと思います。何も知らない人が見たら、映画オリジナルストーリーと思うかもしれないですね。それだけ完成度が高かったですup

とまぁエラそうな映画評はさておき、軽いエコノミー症候群になりながらもドーハに着sweat02

10時間以上のフライトはほんと動かないとやばいですよ。行きは一度もトイレに行かずシートに座りっぱなしだったので、足がパンパンにむくんでしまって、スニーカーがはけなくなるほどになりましたshock しかも歩くと膝に激痛+手術の左足首が完全に固まるというアクシデントまでfoot
足首は徐々に緩めたので大丈夫でしたが、膝はしばらく痛かったです。あれは一体なんだったのだろう。

長くなったので今回はこの辺でcoldsweats02

これはまた挫折しそうな長さになりそうです。えらそうな映画評なんて書くから長くなるんですよね・・。

写真はドーハ空港のシンボル・・・らしい。よく分かりません。

Dsc_4153_3

|

« スクフォニの東名阪ツアー1発目 | トップページ | Tons of Rock その2 »

Ethereal Sin」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スクフォニの東名阪ツアー1発目 | トップページ | Tons of Rock その2 »