2018/06/17

神を見た

ども。LEOですcat

NAGLFARとDARK FUNERALのライブに行ってきました。

NAGLFARは1枚くらいしか持っていないので、あまり知らなかったのですが、DARK FUNERAL(以下DF)のほうは前はよく聴いていました。

初めてのDFにドキドキワクワク……。

その前にNAGLFARだったのですが、思っていた以上に人間っぽいライブでした。もっと機械的なカッチカチな演奏かなと思っていたのですが、良い意味でオールドスクール的な面を感じられました。

それが終わり、いよいよDF。ドラムのサウンドチェックだけでもうやべーぞって感じ。

いざライブが始まると、トリガー音がマシンガンのようで、瞬殺されました。しかも、リズムのもたりや緩さも一切ない。音が均一なのは当然なのですが、タイミングまでバッチリ。

NAGLFARはそこに人間らしさのゆるさがまだ少しあったのですが、DFには一切ない。まじかよ……って感じcoldsweats02 まさに機械……。

MARDUKのときもそれは感じましたけどね、ほんと外人のリズム感というか、パワーというか、バネというか、一体どうなってるんでしょ。神としか言いようがない。

ライブは我らが百合ちゃん(彼女もあるいみ神)と、Allegiance Reignのベースの軍師と観ていたのですが、ふたりはふだんデスとかブラックとか、あまりエクストリームなメタルには疎い方々なはずですが、そんなふたりもDFの神的テクニックの応酬に圧倒されていました。

まぁ、ぼくが一番圧倒されていたんですけどねcoldsweats01

世界観もすごく、魔のオーラ全開shock 絶対普通にメンバーには声はかけられない。かけたら斬首刀で首チョンパされそう。

とにかくすごかった。良いものが観れました。

そして一夜明け、本日はMardelasとTHOUSAND EYESを観てきました。樹京君のギターがすさまじく流麗でした。道元くんは相変わらずすげーパフォーマーですわ。

ライブは見れる時にはどんどん行かないとですねー。

は! そういえばSAMAELがついにきますね! そのことについては長くなるのでまたそのうち。

ではでは。

写真はDF。禍々しい世界観・・・。すばらしい!

Dfz_ptu8aarlet

| | コメント (0)

2018/06/10

吉祥寺でしたー

ども。LEOですcat

昨夜の吉祥寺ありがとうございました。

いつも遠方から来ていただく方が多く、本当に感激です。感謝なのですweep

昨日はラクシャの誇るヘンタイ鍵盤奏者・タカシ君の脱退が発表されました。

タカシ君とはラクシャの前から面識はあったものの、きちんと一緒に音を出すのはこのバンドが初めてでした。

彼はクラシックピアノをガチでやってきた素養があり、耳もセンスも我々凡人と比べものにならないハイレベルなものを有した音楽家だな、と一緒にやってすぐに分かりました。

ぼくも一応クラシック畑出身なのにこの才能の差は一体なんだ???

特典になった「桜月夜」のアコスティック版のピアノとか、最高すぎて泡を吹いたのを覚えていますbearing

実際、彼のバンドの音楽貢献度はあまりにも高く、ラクシャの楽曲の音楽監督は彼なんじゃないか、と個人的には感じています。それだけ彼の編曲により、このバンドの楽曲は聞き違えるほど生まれ変わっていったのです。

バンドというものは人間という集合体の生き物なので、細胞が生まれ変わっていくように、常に変化していくものです。

だから彼の事情を理解し、脱退することをぼくは一切止めませんでした。これもバンドが生き物である以上、避けられない変化のひとつなのでしょう。

また彼の環境が落ち着いたら、一緒に音を出す機会もあると信じていますconfident

ラクシャは7/22までライブがありません。

でもその前にクリオニクス、CRUCIFIEDとスラッシュのライブが続きます。

ってことで、ぼくはぼくなりに頑張りますpout

ではではー。

動画はいつぞやのラクシャ。昨夜の動画は今日中にでもアップしようかなー。

| | コメント (0)

2018/05/22

PV撮影してきました。

ども。LEOですcat

先日ですね、RakshasaのPV撮影でした。

雨だったりしてスケジュールが伸びに伸び、ようやくって感じです。

さて、当日は車のボンネットで目玉焼きが作れるんじゃないかという快晴sun

深夜の25:00に都内を出発し、ほぼ不眠のぼくには強すぎる日差しでした。

いつもなら日焼けが嫌なので、対策をバッチリするとこと、不眠のせいか全く頭が働かず、途中までノースリーブの衣装で、太陽に対して完全ノーガードdown

気づいたときには時すでに遅し。肌が真っ赤になってしまいました・・・・crying

とはいえ、千葉県鋸南町の採石場での撮影で、千葉県出身のぼくにとっては終始リラックスして楽しむことはできました。

早朝から丸1日の撮影だったし、移動時間も考えると24時間みっちりなスケジュールで、めっちゃ疲れましたけどねshock

でも時間があったら、久しぶりに鋸山に行きたかったなあ。

完成はいつなんだろう。そのあたりは把握していませんが、楽しみに待ちましょうconfident

撮影が明けの翌日、体は日焼けと極度の疲労でボロボロでしたが、大学自体の先輩、同期、後輩の3人が所属するインストバンドの「東京ClockWise」のライブに顔を出してきました。

プログレを基本としたジャズやフュージョンテイストの強い音楽といえばいいんでしょうかね。リズムはなかなか小難しいことやっていましたbearing

ライブを観ながら、これは何分の何拍子と計算しながら聴いていましたcoldsweats01 

でも曲によってはヒーリング音楽みたいなで、癒されました。

良い曲ばかりなんで、みんな好きになってくれると嬉しいなぁ。
ジャンルはちがえど先輩後輩が頑張っている姿を見ると、自分も鼓舞されるからいいですね。タイミングが合うときは、どんどん観に行きたいと思っていますhappy01

写真は早朝5:30くらいの房総にて。あつし君と。

32925798_1483461961757829_856008812

| | コメント (0)

«はまった・・・